坂元医院は、古くは薩摩藩時代から代々続く、医家の家系です。
 その十三代目にあたる現坂元医院は、胃腸科を中心にし、NBI内視鏡など最新設備の機器を取り入れ、胃・大腸に関する専門性をますます高めております。
 東京はもとより、国内外の患者様からもその技術力は高く評価されております。また、医療と福祉の連携にも努め、特養・ケアハウス・グループホーム・小規模多機能施設・老人ホームも、宮崎県、鹿児島県に開設し、社会に貢献しています。
 

 
   1950年都城市生まれ
 順天堂大学医学部卒業、同大学消化器科で、胃腸の内視鏡診断、治療に専念。
 食物繊維と大腸ガンの関係、便秘と大腸ガンの関係を解明。食物繊維と大腸の第一人者。
 又、厚労省より「食物繊維の話」を出版、大腸ガンの予防医学を啓蒙している。便通改善など、市販薬も多数開発している。
 
 
 

 食物繊維の話 (厚労省)
 たかが便秘されど便秘 (農文協)
 便秘よさらば (朝日新聞社)
 ほか多数
 

 
 
   
 

「スーパー知恵MON」(TBS)

 

「便秘物語」(オリジナルビデオ)

 

| トップページ | ごあいさつ | 医 院 案 内 | お問い合わせ | 関連施設紹介 | ア ク セ ス |